情報・告知

平成21年度、稲沢市住宅用太陽光発電システムの設置費補助募集がはじまります。

稲沢市住宅用太陽光発電システム設置費補助事業のご案内(平成21年度)として、広報されました。
(現在、平成21年度分の受け付けは終了しています)

【事業の目的】

住宅用太陽光発電システムの設置者に対して補助金を交付することにより、市民の環境にやさしいエネルギーの利用を促進するとともに、地球温暖化防止に向けて市民の意識の高揚を図ることを目的としています。

【補助対象事業】

自ら居住する市内の住宅(店舗等の併用住宅を含みます。)に対象システムを設置する費用の一部を補助する事業で、21年度内に完了すること(平成22年3月10日までに完了報告書を提出できること)。

【対象システム】

住宅の屋根等への設置に適した低圧配電線と逆潮流有りで連系し、かつ、太陽電池の最大出力が10kW未満の太陽光発電システム(未使用品に限ります。)。
また、電力会社と電灯契約を締結することが条件です。
※既設置のもの、中古品は対象とはなりませんので、ご注意ください。

補助金の額は、25,000円/kwに、対象システムを構成する太陽電池の最大出力(kW表示とし、小数点以下第3位を四捨五入)を乗じて得た額(千円未満は切り捨て)です。ただし、最高限度額は100,000円(出力4kw)で、予算の範囲内で補助します。なお、この補助金には、愛知県の補助金が含まれています。
交付申請の受付

1.受付期間 平成21年4月1日(水)から受け付けします。
予算の範囲内で先着順に受付(土曜日、日曜日及び祝日を除く)。

2.受付時間  午前8時30分~午後5時15分まで
※郵送による交付申請は受け付けません。
3.添付書類
(1) システムを設置しようとする住宅の位置図
(2) 工事着手前の現況写真
(3) その他市長が必要と認める書類

※《住宅用太陽光発電システム設置費補助事業の様式》は環境保全課(稲沢市環境センター内)にあります。

【交付決定の通知】

交付申請を受け付けた後、その内容を審査し、適当と認めた場合は申請者に交付決定通知書を送付します。工事開始については、交付決定通知書が郵送された後、設置工事を開始してください。
※工事着手前に、必ず交付申請の手続きを行ってください。(補助金の交付ができない場合がありますのでご注意ください。)

【計画変更の手続き】

交付決定通知書を受けた後、補助金交付申請書及び添付書類の内容について変更する場合は、「補助金変更承認申請書」を提出し、承認を受けてください(現在の住所地以外にシステムを設置する住宅を新築する場合、あるいはシステム付き建売住宅を買われる場合は、住所変更の手続きをしてください。)。ただし、補助金交付申請予定額の変更については、減額以外は承認しません。
完了報告

太陽光発電システムの設置を完了した後、30日以内又は平成22年3月10日(水)のいずれか早い日までに「完了報告書」に次の書類を添付して提出してください。

【必要添付書類】
(1)     工事請負契約書等の写し
(2)     電力受給契約書の写し
(3)     システムの設置に要した費用の領収書等の写し(設置経費の内訳、太陽電池モジュールの型式が明記されていること)
(4)     システムの設置状況を示す写真
(5)     その他市長が必要と認める書類
※あわせて請求書も提出してください。

【提出先及び問合先】

稲沢市 環境保全課
稲沢市中野川端町74番地
環境センター内
電話     0587-36ー0135
FAX     0587ー36ー3709

- - 454 Views