時事コラム

プリウスを超えるか?”ホンダ フィット”のHV(ハイブリッド)車、価格は約160万円で2010年10月に発売予定

2010年8月7日、ホンダは今秋の10月に発売予定の「フィット(Fit)」のハイブリッド車(HV)版の価格を、ハイブリッド車としては日本最安値となる160万円前後に設定することを発表しました。
2009年2月に発売された同社のHV車「インサイト(最廉価グレード189万円)」と、同等以上の省燃費を達成しつつ、さらに価格を30万円近い安さに設定することで、ライバルとなるトヨタのプリウスなど他のHV車に対抗し、販路拡大やユーザー確保に乗り出す構えです。

今回登場するこのフィットHVは、1300ccのガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用し、1リットルあたり30km(30km/L)の燃費を掲げています。
これは、基本的にすでに発売されているインサイトと同じレベルの省燃費性能といえそうですが、後発であることと、また、ホンダのハイブリッドエンジンの作り方としては、「電動アシスト」、つまり電気やガソリンエンジンの片方の動力に頼らず、常に相互はたらきあって安定し速度を保つ、という考えをもとにすれば、あとは車重と乗り方、走る場所の要素次第ではインサイトを上回っていく可能性も考えられます。

ちなみに、現行のガソリンエンジンのフィッも10.15モードといわれる燃費測定で約24km/Lとなっており(実際には15~20km/Lといわれています)、すでに省燃費の代名詞となっている従来のフィットのイメージをさらにのばすことができるかどうかにも注目が集まっています。
インサイ トとの部品共通化などのコスト削減を行い今回の価格設定となったようですが、ガソリン車のフィット(約120万円)に比べて約40万円程度高くなっており、現行車からの乗り換え組にこのコスト差がどう映るかもシェア拡大のためには重要となっています。

ただ、2010年9月末で政府のエコカー購入補助金制度が終わってしまうので、やや出し遅れ感があるのも否定はできません。

- - 840 Views