情報・告知

【続報】アピタ リーフウォーク稲沢 オープン情報 – プレオープンは3/26

leaf-walk-apita-inazawa

3/26のプレオープンを目前に控えたリーフウォーク稲沢ですが、ここで今わかっていることを予習も含めてお伝えします。
下津エリアということもあり、陸田陸橋も工事通行止めとなっているので、実際は稲沢中心エリアからは南大通りの稲沢陸橋からしかアクセスができない状態であり、旧22号線も含め周辺は猛烈な渋滞となることが予想されます。
旧22号線はさきもって二車線化が行われているので、ある意味一宮南部や西春日井郡北部の商圏となるとかんがえてもいいのではないでしょうか。

●プレオープン(プレセール)→平成21年3月26(木)・27(金)の二日間

●グランドオープン→ 平成21年3月28(土) 午前9 時30 分
※オープニングセレモニーが午前9 時より行なわれます。

肝心の営業時間は以下の通りです。
● プレセール・オープンセール期間の3 月26 日(木)~4 月5 日(日)の営業時間
・アピタ稲沢東店 : 午前9時30分~午後9時30分
・アピタ棟専門店 : 午前9時30分~午後9時30分
・モール棟専門店 : 午前9時30分~午後9時30分
・モール棟1階レストラン街 : 午前11時~午後10時30分

4 月6 日(月)より通常営業(時期により変更あり)
・アピタ稲沢東店 : 午前9時30分~午後9時30分
・アピタ棟専門店 : 午前9時30分~午後9時30分
・モール棟専門店 : 午前10時~午後9時30分
・モール棟1階レストラン街 : 午前11時~午後10時30分

[googlemap lat=”35.26004896688043″ lng=”136.81889176368713″ width=”500px” height=”400px” zoom=”13″ type=”G_NORMAL_MAP”]愛知県稲沢市下津町南鞍掛西切周辺1730.jp[/googlemap]

さて、リーフウォーク稲沢は、地域最大級でありながら、かなり環境配慮を意識したある意味ニュータイプのショッピングモールのようです。
アピタ、ユニーグループが目指す他のモールとはひとあじもふたあじも違ったその「あり方」を、気になる専門店街情報と一緒に見ていきたいと思います。

リーフウォーク稲沢の概要は以下の通りです。

・ショッピングセンターとしての正式名称: リーフウォーク稲沢
・ネーミングの由来
「稲沢は植栽のまちとして知られています。新緑の生き生きとした緑の葉=LEAF(リーフ)、そしてゆっくりとショッピング・食事・サービスを楽しんでいただきたいという思いでWALK(ウォーク)、合わせて緑の散策道=LEAF WALK(リーフウォーク)と名づけました。

・核店舗名称:アピタ稲沢東店
「アピタは、イタリア語のアピス(APICE:先端の)とタスカ(TASCA:ポケット)の合成語で、時代の先端を行く情報発信基地を意味します。」

●リーフウォーク稲沢の掲げるショッピングモールとしてのコンセプト
「毎日かがやく、緑のまちへ」をキーワードとして掲げているように、「人に心地よく、街に優しい環境に配慮したショッピングモール」を目指し以下のような環境に配慮した様々な取り組みを実践しています。

・ユニーグループ初のガスコージェネレーションシステム(ガス発電)を導入。
・ユニーグループ初の壁面緑化、屋上緑化(1000平方メートル強)によるCO2 吸収、空調負荷の軽減。
・ユニーグループ初のモール棟中央で入り口にドライミストを設置。
・ユニーグループ初の風力・太陽光発電照明の設置。
・ユニーグループ初のLED 照明をモール通路等に採用。
・リサイクル建材を車止め、床材等に使用。
・ユニーグループ初の雨水を利用した植栽用散水設備の設置。

いずれも初期導入時に費用の掛かるものですが、モール=街としての呼び名にふさわしい最新のエネルギーの循環利用を強く意識しています。
ある種独立したひとつの都市を形成するかのような設備となっています。

そして、施設内においては、環境設備として以下のシステムも導入されるようです。

・リサイクルステーションを3ヶ所設置。
・店舗で発生するゴミの分別、計量システム。
・アピタ食品では、食品リサイクルで栽培した野菜の販売、バイオマスプラスチック製容器を使用。

いわゆる、環境負荷となるゴミの出口での循環も丁寧に考えているようです。
注目はやはりバイオマスプラスチック容器でしょうか。
ある種高コストになるかもしれませんが、採用に踏み切ったのはアピタの英断かと思います。

肝心の店舗内での取り組みとしては、以下のとおりの実施となるようです。

・開店時より食品レジ袋を有料化。
・オープン後の地域の住民との交流としての楽しい環境イベントの開催。

また、アピタとしてはすでに各店舗で積極的に導入されている「人に優しい施設」はこのリーフウォークでも充実されます。

・人にやさしい設計として、バリアフリー建築(車いす利用車などへの段差配慮)やユニバーサルデザインの採用。
・車椅子の利用客やハンディキャップのあるかたむけの、ゲート式を含めた専用駐車場を合計35台設置。
・主な出入り口にて、インターホンを設置による介添えサービスや車椅子の無料貸し出しの実施。
・車椅子でも利用可能な多目的トイレを各トイレに設置。
・オストメイトを4ヶ所設置。
・子ども専用トイレを飲食ゾーン近くに2ヶ所設置。
・AED(自動体外式除細動機)をインフォメーションとサービスカウンターに設置。
・赤ちゃんルーム(授乳室)を3ヶ所設置。

その他、地域との交流を意識した施設も設置されます。

・「コミュニティライブラリー」 モール棟2階に地域情報コーナーと休憩スペースを設置。
・「リーフホール」 モール棟2階に地域住民の文化的活動、発表の場として利用可能な多目的ホールの設置。
・「コミュニティガーデン」 モール棟1階に環境に関する情報発信コーナーとエントランスにドライミストを設置。
・かつて日本三大操車場の一つであった稲沢操車場の跡地に建てられたことを記念して、施設内に鉄道に関連するコーナーを設置。
モール棟1階に稲沢操車場の写真や蒸気機関車・鉄道車両の写真を展示したコーナーを設置。
アピタ棟2階に、鉄道模型(N ゲージ)コーナー「リーフ・レイルウェイ」を設置予定。
・リーフウォーク周辺で、稲沢市・UR 都市機構様・ユニー株式会社の3者ですすめられている、「稲沢フィットネス・ロード」計画への参画。
直線コース・周回コース・ショートコースに加え、SC 敷地周りと敷地内をルートとする、1738m(イナザワ)のリーフウォーク“エンジョイコース”の設置。

災害時にそなえたシステムとして以下のものもあります。

・ユニーグループとしては初の、災害用簡易トイレの備蓄。
・ユニーグループとしては初の、炊き出しかまどとして使用できるベンチを設置。

以下、総合的な情報です。

■所在地:愛知県稲沢市稲沢中島都市計画事業尾張西部都市拠点地区土地区画整理事業13 街区2-2,3 画地
■リーフウォーク稲沢 (0587)23-5311
■アピタ稲沢東店  (0587)23-6611
URL http://www.leafwalk.com

○所有者 土地・建物 : 自社
○建物構造 : 鉄骨造2階建(屋上駐車場、別途立体駐車場)
○設計・施工 : 前田建設工業株式会社
○店舗内容 : アピタ稲沢東店と145 の専門店
○店舗規模
1)敷地面積 82,416 平方メートル
2)建築面積 40,562 平方メートル
3)延床面積 78,827 平方メートル
4)営業面積
店舗面積 41,526 平方メートル(アピタ13,923 平方メートル、専門店27,603 平方メートル)
飲食・サービス 8, 562 平方メートル(アピタ628 平方メートル、専門店7,934 平方メートル)
合計 50,088 平方メートル
○駐車台数 2100 台(平地800 台、立駐屋上1300 台)
○駐輪台数 900 台
○初年度目標 :リーフウォーク稲沢全体200 億円(アピタ60 億円、専門店140 億円)
○支配人 : 宮地 毅彦(みやち たけひこ)
○アピタ稲沢東店長 : 橋本 成人(はしもと なりと)
○定休日 : 年中無休(棚卸等による臨時休業日あり)
○従業員数 : リーフウォーク稲沢全体 約2,000 名(モール 1,800 名、アピタ 200 名)
※アピタ内訳:社員40 名、パート・アルバイト160 名(時間換算人員)
○基本商圏 : 人口:約29 万人 世帯数:約10.5 万世帯 *車で15 分圏
地域:稲沢市、一宮市、春日町、岩倉市、北名古屋市、清須市の一部
○ユニー㈱出店状況
・リーフウォーク稲沢の開店により、ユニー㈱の店舗数は234店舗となります。
・ 愛知県内の店舗数は、リーフウォーク稲沢を加え、105店舗となります。
・ モールタイプ(ウオーク)は、6店舗となります。
●リーフウォーク稲沢(アピタ稲沢東店)の特徴
モール棟とアピタ棟の二つの商業施設で構成されており、二階がブリッジでつながっています。
ブリッジ部分を含め施設に多くのガラススクリーンを使用して、開放感あふれる建物になっています。

[アピタゾーン]
<1F>
アピタの食品と暮らしの品を中心に、日々の暮らしに関連したサービス関連・食品関連の専門店で構成されています。
●アピタの食品では、地産地消・味と鮮度・安全安心にこだわり、地域のフードショップリ―ダーを目指します。
・一般食品では、地元銘店の和菓子・スィーツの定期的販売と日本名門酒会に加入して、全国有名地酒コーナーを設けます。
また「特定保健食品」「アレルゲン」「オーガニック」関連商品のコーナーを設けます。
・鮮魚・和デイリーでは、毎週地元三河一色港より産地直送セールを開催します。焼き魚コーナーの充実と地元たまごを販売します。
・精肉では、うす塩やアレルゲンフリーなどの 健康配慮商品を揃えます。
・青果では、地場野菜コーナーの充実をはかるとともに、リサイクル肥料を使用した野菜を販売します。
・味の専門店では、イートインコーナーを併設したベーカリーや和・洋惣菜を揃えて、充実を図りました。
●アピタの暮らしの品では、ワンランクアップの生活提案を目指します。
・ヘルス&ビューティーでは、有名メーカーの制度化粧品と自然派化粧品を幅広く品揃えします。
ユニーの薬剤師研修センターを併設したドラッグコーナー、福祉用具説明員が常駐する介護用品コーナーを設けました。
・園芸ショップ・サイクルショップは駐車場から直接出入りできる施設正面に設けました。
サイクルショップでは常時200 台以上を展示して、幅広いニーズに対応します。
<2F>
アピタの衣料品と文具・玩具、専門店では、大型書籍・雑貨・キッズアミューズで構成されています。
また、鉄道模型(Nゲージ)の「リーフ レイルウェイ」を設ける予定です。
●アピタの衣料品では、レディース・キッズ・メンズのおしゃれな装いをコーディネートして提案します。
・レディースでは、アピタの人気ショップの他大きなサイズコーナー・フォーマルコーナー「東京イギン」を充実しました。
・キッズでは、人気のブランドコーナーの他キッズインナーコーナーを設けました。
・メンズでは、ブランドコーナーの充実とシャツ・スラックスの幅広いサイズ展開を図りました。
<サービス機能>
・1階サービスカウンターにて「ラッピング」を承ります。また、「ポスタルカウンター」を設け、“ゆうパック”の配達も承ります。
・お客様用のコインロッカーを1 階に設置いたします。(冷蔵ロッカーも用意します。)
・1階の中央エスカレーター横に「パウダーアイス(ドライアイス)」「製氷機」「電子レンジ」「ナチュラル純水」コーナーを設置します。

[モールゾーン]
<1F>
4つのゾーン構成になっています。
● フェイバリットライフ
アクティブな生活を応援する専門店を中心に構成されたゾーンで、大型家電の「ジョーシン」を核にドラッグ・ペットショップなどの他「スターバックスコーヒー」でティータイ
ムをお楽しみいただけます。
● スタイリッシュレディース
オン、オフ対応のトレンドファッションを中心に構成されたゾーンで、「レプシムローリ―ズファーム」、愛知県初出店の「ガトーロマンティーク」などの人気ショップの他シューズ・バッグ・コスメなどのショップが揃っています。
● コンフォータブルライフ
日常のセカンドステージとして「ゆとりの日常」をテーマに、美とファッションのコンプレックスを集積したゾーン。
「ハウスオブローゼ」、エステの「アドラーブル」の他公園の見えるケーキカフェ「ワンズカフェ」が揃っています。
● リーフダイニング
ランチに、ディナーに、ティータイムに、ゆっくりお食事していただける人気のレストランで構成。
話題のベーカリーレストラン「クリニャンクール」、洋食の「キッチンむらい」、愛知県初出店の中華のカジュアルダイニング「シノワオサダ」、同じくイタリアンの「アモ
ーレアマーレ」などいろいろなジャンルの料理をお楽しみください。
また、「天使のチョコリング」の専門ショップ「ハートブレッドアンティーク」もショッピングセンター初出店。
<2F>
5つのゾーン構成になっています。
● ファミリー&キッズ
ファミリーカジュアルウェアを中心に、キッズ・アミューズを加えて構成されたゾーン。
ファミリーに人気の大型店「アカチャンホンポ」、「ユニクロ」の他知育玩具の「エルファ」がショッピングセンター初出店しています。
● キューティガールズ
女子高生ファッションを中心に、インナーや雑貨で構成されたゾーン。愛知県初出店の「ファブリックジャム」、同じく「ピュアパラダイス」の他ネイルショップや占いの店も揃っています。
● カップル&メンズカジュアル
カップルとメンズのファッションを中心に構成されたゾーンで、「オリヒカ」、「エクスプローション」の他バッグの「グランサックス」が出店。京都で人気の和雑貨「京都くろちく」がショッピングセンター初出店です。
● ホビー&カルチャー
多種・多様・多彩なジャンルで、「生活に潤い」をテーマに構成されたゾーン。CD&楽器の「新星堂」、エスニック雑貨の「マライカ」、愛知県初出店の時計の「アイクロック」が出店。
ティータイムは公園の見える「サンマルクカフェ」でどうぞ。
● フードブランチ
食事やティータイムを様々なシーンでご利用いただけるフードコート。小さなお子様もご利用しやすいキッズ席、開放感あふれるテラス席もご利用ください。人気の「丸亀製麺」、「築地銀だこ」、牛丼の「吉野家」では十割そばも味わえます。
ショッピングセンター初出店では中華そばの「まるめ屋」が出店しています

<公共交通機関>
JR 東海道線 「稲沢駅」東口より北へ約800m(徒歩約10分)

- - 913 Views